研究分野

    従来の価格理論に加え、ゲーム理論、情報の経済学、インセンティブ・契約理論などを分析ツールとして
    獲得したことにより、ミクロ経済学はその分析対象の大幅な拡張に成功し、
    それは産業組織論や公共経済学をはじめ、マクロ経済学も含めて経済学の全分野に及んでいる。 そのキーワードとしては「戦略」、「競争と協調」、「(非対称)情報」、「インセンティブ」などをあげることができる。 これらのキ−ワードが相互に密接に関連しているのはもちろんであるが、とくに、いかにして経済主体に対して連切なインセンティブを与えるか という問題意識を設定し、経済現象に関する分析・議論を行いたいと考えている。市場・組織・取引関係の様々な局面で利用可能な情報には偏りがあり、 経済主体が情報を戦略的に活用すると、典型的にはモラルハザードなどの問題が発生し、経済の効率性を損なうことになる。 個別の経済主体に適切なインセンティブを与える処方箋としては、競争の導入や制度・組織の設計などをあげることができる。 インセンティブと市場・組織・制度との関係を理論と現実の両面から研究・評価することに当研究会の輪をおく(これは、私自身の研究分野でもある)。

    さらに、上記キーワードを軸としたミクロ経済分析の対象をより広範囲にあげると、企業戦略の理論、企業行動・組織の分析、規制の理論、オークション理論、公共経済学、 労働経済学、法と経済学、政治経済学などがある。当研究会の各参加者はこれらの中から自らの関心に従って研究対象を選ぶことになる。 したがって、広い意味では、当研究会の研究分野はミクロ経済理論とその応用といえる。

    研究会の目的と運営方法

    当研究会の目標は『専門的知識としての経済学の習得,及び現実経済の分析』にある。教養を人や社会とのかかわり方とすると、重要な柱は、
    『視点の確立』と『視野の拡大』
    の2つに求められる。現実の経済現象に対する視野を広げ、問題 意識を培うことは重要だが、闇雲な視野拡大は無意味である。視点・フ裏づけがない問題意識は、 しばしば(ジャーナリスティックな)直感のみに頼った結論や処方箋に帰結する。しかし、経済学的真理は直感的にも正しいが、直感的に妥当と思えることは必ずしも正しくはない。 したがって、現実経済を眺め、問題意識を培うためには、まず視点の確立が不可欠である。 他方、視点を確立したとしても、視野を広げ問題意識を持たなければ何も視ていないことと同じである。 視点を確立した上で、バランスよく視野を拡大していく、これが現代的な意味での教養につながると考えている。

    当研究会では経済理論、とくにミクロ経済理論を「視点」にあて、そして、「視野」は現実の経済現象すべてに及ぶ。 経済理論を専門的知識として習得することにより、現実の経済現象を個人として普遍的な眼差しで見ることができ、 また、国際的にも確立された共通の基盤の上に立つことができるのである。

    このような目標に基づいて、本ゼミでは、教科書を用いて価格理論やゲーム理論などの経済理論の正確な理解を目指す。 そして、現実の経済現象を理論的に分析した応用的文献を輪読・議論する。さらに、3年生はサブゼミとパートゼミに参加する。 サブゼミは本ゼミを補完するものとして位置付け、テキストの輪読、演習を行う。 また、現実的なトピックを題材にしたディベートもおこなう。 パートゼミでは学生が関心ある具体的な研究テーマ(主に、現実の経済問題)について分かれて研究をおこない、 その成果を三田祭論文やインゼミに結実させる。また、4年生は卒論の作成をおこなう。 卒論は、研究会に参加したことから得た経済学の知識と自らの具体的な関心を1つの構築物として作成するものであり、研究会活動の目標と位置づけられる。 テーマ選びの自由度は高いが、研究会を通じて獲得した経済理論の知識の発揮が求められる。

    本ゼミについて

    本ゼミでは、教科書を用いて価格理論やゲーム理論、インセンティブ理論(契約理論)の正確な理解を目指します。
    本ゼミは毎週水曜日の4、5時限に三田南校舎で行っています。
    今年度の3年生の参考書は『introduction to I.O.』Luis Cabral (著)です。 また、4年生は『オンラインデートで学ぶ経済学』ポール・オイヤー (著) 土方奈美(訳)の輪講及び卒論作成をやっています。 担当者がプレゼンテーションをする中で、疑問点や重要な個所を先生とともに確認しながら進めていきます。 ディベートを行うこともあり、本年度は「SONYがスマートフォン事業から撤退すべきか否か」等について討論しました。

    サブゼミについて

    3年生はサブゼミ必修です。サブゼミでは本ゼミを補完するものとして位置付け、本ゼミでは扱う事のできない基礎的な内容について学習します。 サブゼミは、ゼミ生により自主的に進められ、週1回火曜日の4限に行っています。
    今年度の参考書は『ゲーム理論入門』岡田章(著)等です。 毎週1章ずつ進めています。基本的には、ゼミ生の中で議論しながら理解を深めていきますが、先生が来られてアドバイスを下さる事もあります。

    パートゼミについて

    3年生はパートゼミ必修です。パートゼミでは学生が関心のある研究テーマについてパートに分かれ、三田際論文の作成を念頭においた研究を行います。また、本ゼミ、サブゼミで学んだ理論を用いて、現実経済の問題を分析していきます。  パートゼミは、ゼミ生により自主的に進められ、週1回火曜の5限に行っています。  パートの選択は自由で、2016年度は「インセンティブ@」、「インセンティブA」、「行動経済学」、「企業戦略」の4つのパートに分かれています。また、この他にミクロ経済学と関係がある範囲で、マクロ経済学や国際経済学、公共経済学などをテーマとして選ぶ事もできます。サブゼミと同様に、テキストは先生が指定します。

    夏合宿について

    三田祭論文と卒業論文の中間報告を行います。2016年度の夜にはBBQや花火、宴会が行われ大盛り上がりでした。 2017年度の夏合宿は9月19日から21日に山中湖で行う予定です。

    三田祭について

    3年生はパートゼミで行った研究成果を三田祭で発表します。 過去の三田祭論文をWebに掲載していますのでご参照ください。三田祭論文掲載ページはこちらです。 昨年度は金融パートが銀賞を獲得しました。

    インゼミについて

    今年度は、12月17日に大阪大学の安田洋佑研究会、名古屋大学の花薗誠研究会と合同でのゼミがありました。
    午前は、カジノ法案の是非や老後の生活環境等をテーマにディベートを、
    午後は、互いの研究内容についての発表や質疑を行いました。
    優秀なゼミとのインゼミで大きな刺激を受けるとともに、互いの親交を深めることができました。

design by. (C) WebDaisuki.com