ゼミ紹介

研究会概要
名称 竹森俊平研究会
指導教授 竹森俊平教授
内容 【国際経済・国際金融】
サブプライムローンやユーロ危機など、今新聞や雑誌で話題になっている時事問題を学ぶことができます。 現在は話題のギリシャ危機について勉強することが多いです!
具体的な活動内容 【本ゼミ】
本ゼミは火曜4,5限に行われます。
班に分かれ、竹森教授の指定した文献を輪読し、担当者が発表しています。
今学期使っている輪読書は以下の通りです
【リスクと流動性/ヒュン・ソン・シン】【Hall of Mirrors / Barry Eichengreen】

【サブゼミ】
サブゼミは木曜4,5限に行われます。 現在は、班に分かれ、竹森教授の指導のもと、GPAC(海外インゼミ)に向けて、各班の論文作成を行っております。

【インゼミ】
これまで、下記のイベントで他大学との交流を図りました。

【GPAC】
アジア学生交流会議。今年は、夏休み期間中に韓国で本インゼミが行われました。
去年の参加大学は名桜大学(沖縄)、早稲田大学、Seoul National大学(韓国)、NCCU(台湾)、千葉商科大学、慶応義塾大学竹森俊平研究会。

【ISFJ】
日本政策学生会議。主な参加大学は東京大学、早稲田大学、一橋大学、明治大学、京都大学、関西大学、同志社大学、etc.

【韓国インゼミ】
三田祭期間中に韓国で論文発表を行います。去年の参加大学は早稲田大学、東京大学、一橋大学、Seoul National大学、延世大学、高麗大学、Ewha女子大学。
※三田祭・・・韓国で論文発表を行うため、三田祭論文の発表はありません。

【合宿】
例年4〜5月に新歓合宿が、夏には論文発表と遊学を兼ねた合宿(2010年:ベトナム 2011年:台湾 2012年:韓国)が行われます。16年度・ヘ新刊合宿として秩父に1泊2日でいきました!
ゼミ員数 22期:23名 (男子13名 女子10名)
23期:24名(男子14名 女子10名)
24期:20名 (男子8名 女子12名)

Twitter

竹森俊平研究会2016年度入ゼミTwitterはこちら
【入ゼミに関する情報】【竹森先生がテレビ・新聞に登場した際の告知】をいたします。
フォローお待ちしております!

Facebook

Facebookページはこちら
ゼミ活動についてご紹介します!
ゼミの雰囲気をお伝えします!