慶應義塾大学経済学部 高草木光一研究会

□MENU□
トップ
教授紹介
ゼミ員紹介
活動紹介
入ゼミ情報
掲示板

―2013年度入ゼミ情報―

随時オープンゼミを開催中です!

  • 場所:三田 大学院校舎 343D教室
  • 入ゼミ説明会にて入ゼミ情報を通知します。高草木光一研究会のブースにてゼミ員一同お待ちしております。

●基本情報●

【募集人数】

 6〜8名程度の予定

【2014年度 A・B日程選考詳細】

高草木光一研究会ではA日程選考を行います。詳細は以下の記述を参照してください。

[選考情報]:A日程は課題(事前レポートの提出)と面接によって選考を行います。

・課題:@:今まで読んだ人文・社会科学の文献の要約、考察の作成。(要約と考察は分ける事・A4プリント2枚以上は書くこと。)
     A:今まで読んだ人文・社会科学の文献リストの作成。
・面接:面接日程は受験者に合わせる。ゼミ員との個別面談と教授との最終面接あり。

メールアドレス:takakusaki2014@gmail.com
こちらに提出お願いします。


<備考>
・正規の課題提出先は教授ですが、入ゼミ担当宛てにも送信をお願いします。
・レポートは入ゼミ後の輪読レポート作成の能力を見るために行います。引用文献の表記や、ページ番号の表記等にも配慮して書いてください。
・今まで読んだ文献リストは、事前レポートとは別内容になります。入ゼミ課題に用いなかった文献も記載して提出してください。  


【2014年度 C日程選考詳細】

・募集人数:1〜3名程度
・日時:4月4日(金) 10時〜
・課題:上記、A・B日程と同様
・課題提出締切:4月3日12時まで



過去の【選考方法】です。参考にして下さい。

●2010年度入ゼミ試験A・B・C日程

A日程
・事前レポート(8000字程度)と面接(教授/ゼミ員)です。
レポートのテーマ:「ゼミで研究したいこと」
* なお、最近読んだ社会科学・人文科学に関する文献のリストも作成・オ、提出すること。


B日程
・選択式小論文(字数指定なし)と面接(教授/ゼミ員)です。
選択式小論文
[以下の【問】で事前にレポートを準備し、B日程当日に提出していただきます]


. ・b日程
・選択式小論文(字数指定なし)と面接(教授/ゼミ員)です。
選択式小論文
[C日程当日に以下の【問】で筆記試験(60分)を行います。持込可。事前に答案を準備して試験開始時に提出することもできます。]



【問】以下の(1)〜(8)のなかから1題を選択して答えなさい。

(1)「ゼミで研究したいこと」について、まとめなさい。

(2)これまでに読んだ社会科学・人文科学に関する文献のなかで最も印象に残っているものを1つ取り上げ(書名・著者名を明記)、内容を要約した上で書評しなさい。

(3)慶應義塾大学経済学部編『マイノリティからの展望』(弘文堂)のなかから任意の1章を選び、内容を要約した上でそのテーマに関する自身の見解を述べなさい。

(4)現代日本に存在する「差別」を1つ取り上げ、それがなぜ発生したのか、なぜ消滅しないのか考察しなさい。

(5)慶應義塾大学経済学部編『家族へのまなざし』(弘文堂)のなかから任意の1章を選び、内容を要約した上でそのテーマに関する自身の見解を述べなさい。

(6)松村高夫・高草木光一編『連続講義 東アジア 日本が問われていること』(岩波書店)のなかから任意の部(第1部〜第4部)を選び、内容を要約した上でそのテーマに関する自身の見解を述べなさい。

(7)飯田裕康・高草木光一編『生きる術としての哲学──小田実 最後の講義』(岩波書店)のなかから任意の章(T〜Y、補論1・2)を選び、内容を要約した上でそのテーマに関する自身の見解を述べなさい。

(8)高草木光一編『連続講義 「いのち」から現代世界を考える』(岩波書店)のなかから任意の部(第1部〜第4部)を選び、内容を要約した上でそのテーマに関する自身の見解を述べなさい。

* なお、最近読んだ社会科学・人文科学に関する文献のリストも作成し、提出すること。




管理担当:web担当
Copyright (C)Takakusagi Seminer, Keio University, All Rights Reserved.