慶應義塾大学 経済学部 白井義昌研究会
Yoshimasa Shirai Seminar

白井ゼミについて

当研究会は、マクロ経済学・ミクロ経済学の応用分野としての国際経済学を主なテーマとしています。国際貿易はなぜ生じるのか、通貨危機はどうして生じたのか、サブプライム問題はなぜ起きたのか…こういった疑問は国際経済学の分析対象です。経済学に「国際」と付けるだけで、いったい何を指すのかわからない方もいらっしゃると思いますが、実はとても身近の問題を扱っていることがお分かりいただけるのでしょうか。

国際経済の知識、分析手法を学び、考えることに加え、学術論文の精読と発表、自らの研究の発表を通じて論理的な思考力と、それを相手に伝える力を得ることが出来ます。また、少人数ならではのゼミ員同士の強い結束や、自分の意見を気軽に提案できる環境も大きな魅力です。

ゼミ日程

  • 本ゼミ(水曜4,5限)
    学術論文の輪読発表から始まり、4年生は卒業論文、3年生は共同研究に関する発表を行っていきます
  • サブゼミ(月曜4,5限)
    ゼミ員だけで行います。主に共同研究や輪読発表の準備をしています

入ゼミ情報

こちらをご覧ください