白井義昌研究会へようこそ

重要

★2012年度の白井義昌研究会の入ゼミ試験について★
 
白井義昌研究会の入ゼミ担当より【今年度のゼミ試に関する注意事項】を連絡させて頂きます。

今年度のゼミ試は、
@2/5(火)のA日程登録日にA日程願書
A2/15(金)の20:00時までにレポート
B3/2(土)にミクロ・マクロの筆記試験
C@+A+Bが合格水準を達していれば、テスト後に白井先生・ゼミ生と個人面接
という基準で実施しようと思います。
つまり、これまでの評価基準に加え、新たにレポートが導入されたということです。
また、今年の試験はA日程のみで、B日程は行いません。

【レポート詳細】
<期限> 2月15日(金)、20:00まで
<方法> siraiseminar2013@gmail.com 宛てのメールに、Wordのファイルで添付
<内容> あなたが関心のある経済問題について、
1.具体的にどのような問題か?
2.その問題の先行研究 (どのような人がどのようなことを考えているのか?)
3.参考文献(著者名、題名、出版社、発行年)
をA4用紙3枚以内で説明してください。

最初に必ず名前、学年とクラス、学籍番号、タイトルを入れてください。
<評価> 内容を明確に点数化して評価するのではなく、あくまで「ゼミへの取り組み方を知る+面接の参考にする」ということが目的です。難しく考えすぎず、どのようなことに興味があるのかを伝えてほしいと思っています。

最後になりましたが、重要な変更事項であるにも関わらず連絡が遅くなりまして、大変申し訳ありませんでした。これについては、Twitter, メ―リス, Web等でも告知していきますが、知らないお友達が周りに居れば是非伝えていただければ、と思います。
皆さんの負担が大きくなってしまうことになりましたが、『より良いゼミ』を作るべく決定いたしました。ご理解をお願いいたします。 では、皆さん体調管理に気をつけて、A日程で会えることをゼミ生一同楽しみにしております。


質問があれば、入ゼミ代表の小出愛(ai.koide@gmail.com)まで御連絡下さい。

当研究会は、マクロ経済学 ・ミクロ経済学の応用分野としての国際経済学を主なテーマとしています。国際貿易はなぜ生じるのか、通貨危機はどうして生じたのか、サブプライム問題はなぜ起きたのか・・・。
こういった疑問は国際経済学の分析対象です。経済学に「国際」と付けるだけで、いったい何を指すのかよくわからない方もいらっしゃると思いますが、実はとても身近な問題を扱っていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。
国際経済学の知識、分析手法を学び、考えることに加え、教科書の輪読発表などを通じて論理的な思考力と、それを相手に伝えるプレゼンテーション能力を養うことができます。また、ゼミ員同士の強い結束や、自分の意見を気軽に提案できる環境も大きな魅力です。


ゼミ員

14期 16人(女子5人) 15期 17人(女子8人)
PCP, 留学経験者など多数在籍。


年間タイムライン

■4〜6月 グループで輪読、発表
・2011年度は教科書を輪読しました。 教科書:"International Economics" by Feenstra, Robert C. and Alan Taylor
・2012年度は先生が指定した論文を輪読しています。 例:Bernard, Jensen, Redding and Schott (2010) "Whole Salers and Retailers in US Trade", American Economic Review: Papers and Proceedings, 100 May pp. 408-413.

■7〜10月 パートのトピック選び、作業
・2011年度 トッピクス一覧
Global Imbalanceグループ
Capital Flowグループ
Unilateral Trade Liberalization グループ
Quantitative Easingグループ
9月には夏合宿を行い、発表、先生からフィードバックを頂きます。

■11月 三田論発表
2011年度はCapital Flow班とUnilateral Trade Liberalization班が三田祭で発表を行いました。

■12月 OB会、インゼミ
・OB会
毎年12月当たりにOB会を行なっています。2011年度は40名ほどのOBが集まり、現役と立食パーティーを行いました。
・インゼミ
国際大学 (http://www.iuj.ac.jp/)という世界に様々な国や地域の人々が所属する大学院と毎年インゼミを行い、論文を英語で発表しています。
2012年度は国際大学宮本ゼミ・一橋大学石川ゼミ・慶應白井ゼミの3ゼミ共同開催予定です。

お問い合わせ

白井ゼミや入ゼミに関して質問等ございましたら、下記連絡先にお問い合わせください。

mail: shirai.nyuzemi2012@gmail.com
twitter: @shirainyuzemi
内ゼミ代表:花房慎一郎 
入ゼミ担当:小出愛、富取建人、幸島直己、曽根百恵
 

お知らせ

SIDE MENU