慶應義塾大学経済学部 櫻川昌哉研究会


教授紹介


櫻川 昌哉 教授
研究室:525
連絡先:masaya@econ.keio.ac.jp

略歴

早稲田大学政治経済学部卒。
大阪大学経済学研究科博士課程を単位取得退学。
大阪大学助手、名古屋市立助手、名古屋市立大学講師、助教授、教授を経て2003年4月より現職。
最終取得学位: 博士号・経済学・大阪大学
所属学会: 日本経済学会・金融学会
教育活動: 担当科目(2006年度) [通学課程] 国際金融論
教育方針: 理論と現実を整合的に解説する。
専攻・研究領域: マクロ経済学・金融
研究課題名: 日本の金融システムの構築に関する研究

  

主要業績: 単著論文

“Bank”s Capital Structure under Non-Diversifiable Risk,”Economic Theory 20, p29-45, 2002

共著論文

“Long-Run Growth and Intragenerational Transfer under Capital Market Imperfections,”Japanese Economic Review, Vol.48, No.4,p390-409, 1997
Land-Tax, Transfers, and Growth in an Endogenously Growing Economy with Overlapping Generations,”Japanese Economic Review,Vol.49, No.4, p412-25, 1998(with Hiroyuki Hashimoto)
“A Characterization of the Dynamical System in a Two-Sector Overlapping Generations Model: The Case of Unbounded Growth,”Japanese Economic Review, Vol.50, No.2, p138-147, 1999(with Hiroyuki Hashimoto)
“Capital Flight, North-South Lending, and Stages of Economic Development,”International Economic Review, Vol. 42, No.1, p1-24, 2001(with Koichi Hamada)
“Redistribution Policies under Capital Market Imperfection,”Japanese Economic Review, Vol. 53, No.1, p94-113, 2002, (with Sakae Mitsui)

著書

『金融危機の経済分析』東京大学出版会 2002
『金融立国試論』光文社2005