MENU





コンテンツ










入ゼミについて


 このページでは、入ゼミ試験について扱います。

入ゼミに関して  本ゼミでは、研究対象が『現代資本主義』であるため、日吉在学時にマルクス経済学の単位を取得していることが原則となっています。
もし、入ゼミを希望する方はマルクス経済学を必ず履修しておきましょう。

ただし、『原則は原則であって絶対ではない』ので、マルクス経済学の単位を取得していない場合でも入ゼミ選考を通過する場合もあります。
しかし、マイナス評価になることはあってもプラス評価にはならないことは予めご承知下さい。



 第1回入ゼミ説明会で配布した資料はこちら(pdf版/2.00MB) (docx版/1.45MB)
 第2回入ゼミ説明会で配布した資料はこちら(pdf版/2.00MB) (docx版/1.55MB)


募集人数
 A日程、B日程合わせて12名前後としています。
  (それよりも多いことも少ないこともあります。)

過去実績(過去5年間)
年度 許可数/応募数
2013 12/20
2012 9/22
2011 8/16
2010 8/18
2009 9/15

入ゼミ選考について

 入ゼミ選考の際の基本的なスタンスは以下の通りです。

「問題意識や、研究したいテーマが明確かどうか、そのために今までどのようなアプローチをして生きたか、人の意見を理解し、自分の考えを表現する力があるかなど、研究会活動を2年間にわたって積極的に取り組んでいくだけの意欲と最低限の能力をもっているかどうかを入会申込書や小論文の内容、面接結果を総合的に判断して選考します。」(先生のホームページから引用)

 基本的にはどうしてこのゼミに入りたいのか、自分は何をやっていきたいかをしっかり説明できるようにしておくと良いでしょう。
(自分の意見をはっきりと表現できると良いと思います。)

※今年の募集人数については入ゼミの冊子を参照して下さい。


Member's Pageのご案内
 入ゼミ試験登録者向けのMember's Pageを新オープンしました。ログインパスワードは管理者が発行しますので直接お問い合わせください。
 なお、Member's Pageのパスワードは、ゼミ生および入ゼミ試験登録者にのみ個別で発行します。





更新 2013年11月12日

著作権について
本サイトに掲載されている情報について、延近充研究会の許可なく転載することを禁じます