HOME > Introduction

ゼミ紹介

研究分野

市場の計量分析

活動内容

本ゼミ(2016年度は火曜日4・5限)

春学期は、プレゼンの方法、研究をする上での統計データや論文の探し方などを学びます。 その後、個人課題についてのテーマを決め仮説を立てます。研究分野は市場の計量分析となっており、 計量経済学・統計学系のゼミに属していますが、その枠組みにとらわれず、自由な課題設定をすることが可能です。 宮内先生は、基本的には学生のやる気と自主性を尊重する方で、課題設定に関しては「なぜ、どうやって、何のために、 そのテーマを研究するのか」という点についてかなり深くアドバイスをしてくださいます。 秋学期の前半は三田祭論文の途中経過を発表します。三田祭論文完成後は、引き続き個人課題を進め、 進捗状況を報告しフィードバックをいただきます。ゼミは英語で行われます。

英語でゼミを行うことに対して不安のある方はFAQも併せてご覧ください。

サブゼミ(今年はゼミ員の予定が合わず、実施できませんでした。)

来年は火曜6限に行いましょう。

パートゼミ

三田祭論文に向けてグループを作り、発表に向けた準備を行います。
2016年度は2パートに分かれ、
 「Congestton rate of trains」
 「待機児童と保育所のジレンマ」
という2つの研究を行いました。
2015年度は3パートに分かれ、
 「消費税引き上げによる一時的な労働供給増加ショック分析」
 「Jリーグクラブライセンス制度とクラブの財務に関する研究」論文(英語)
 「愛知県の産業構造改革−安定的な成長を目指して−」
という3つの研究を行いました。

合宿

9/12-14に2泊3日で山形県の酒田にて合宿を行いました。
3,4年生は酒田市に残る本間家の公益的活動について見学などを行いました。4年生は卒業論文の発表を行いました。
なお2日目の夜には飲み会、3日目には酒田ラーメンを楽しみました!