教授紹介


三嶋 恒平(Mishima Kohei)

慶應義塾大学経済学部准教授

【所属地区】三田


【経歴】

2002年 東北大学経済学部卒業

(東北大学大学院経済学研究科博士課程前期、日本学術振興会特別研究員(DC2)を経て)

2008年 東北大学大学院経済学研究科博士課程後期修了、博士(経済学)

2008年 熊本学園大学商学部経営学科講師、准教授

2013年 慶應義塾大学経済学部准教授


【研究領域】

工業経済論、中小企業論、国際経営論


【学生へのメッセージ】

学生の皆さんには、何事にも挑戦し、多様な経験を積んでもらいたいと思います。というのも、どのようなものごとであれ、現地に行き、現物を確認し、現実を理解しようとすることは大事なことであると私は考えているからです。こうした姿勢は、目的が曖昧になってしまったり、非合理な行動が増えたり、予想以上に時間がかかってしまったりするかもしれません。しかし、現場における知見や経験に基づいて、自分自身で課題を発見し、それについて考え抜いたことで得られる成果は大きなものとなるでしょう。そうしたとき、大学で学んだことは考えるための重要な土台となるはずです。

Follow Us on Twitter