慶應義塾大学経済学部・井深陽子研究会のHPです

top
top
top
top
top

論文

三田祭論文

・国民健康保険料の決定要因に関する実証分析:人口規模に注目して
 ☆法政大学・成城大学とのインターゼミナールにてB教室最優秀報告賞受賞

・所得が高齢者の医療機関利用に与える影響
 ☆法政大学・成城大学とのインターゼミナールにてA教室優秀報告賞受賞

>>三田メディアセンター井深ゼミのページ

本ゼミ

水曜5限  南校舎454教室

春学期は輪読を行いました。
今年度テキスト:『貧乏人の経済学』 A・V・バナジー&E・デュフロ  (みすず書房)

秋学期は輪読と三田祭論文の進捗発表を行っています。
今年度テキスト:『大脱出:健康、お金、格差の起原』 アンガス・ディートン (著), 松本 裕 (翻訳) (みすず書房)

ゼミ演習

水曜4限  大学院校舎321教室

計量経済学の基本を学び、統計解析ソフトstataを用いた演習を行っています。
春学期教科書:『計量経済学の第一歩』 田中隆一(有斐閣)     
秋学期教科書:『Mastering’Metrics:The Path from Cause to Effect』 Joshua・D・Angrist&Jorn・Steffen・Pischke, Princeton University Press

サブゼミ

水曜5限後

学生のみで主体的に活動し、輪読などを行っています。
今年度使用テキスト:『医療の経済学』河口洋行(日本評論社)
          『医療のなにが問題なのか』松田晋哉(勁草書房)

ゼミ合宿

今年は9/21・22に箱根で行いました。
観光においしい食事に温泉に三田論進捗発表に、と充実した時間を過ごすことができました。
ゼミ合宿で何をするかなどを自分たちでいちから決められるのも新規ゼミの面白さの一つです!
テスト テスト テスト テスト

インターゼミナール

<菅原・酒井・河口ゼミとのインゼミ>
11/13に当ゼミ初めてのインターゼミナールを行いました。
インゼミは法政大学菅原ゼミ(医療経済学)、法政大学酒井ゼミ(労働経済学)、成城大学河口ゼミ(医療経済学)との4ゼミ合同、
8〜9チームごとに3教室に分かれて発表会が行われ、当ゼミは三田祭論文を発表しました。
他大学の学生さんの様々な発表や意見に触れ、他のゼミの先生にもご指導いただき、非常に良い勉強となりました。
インゼミの最後には教室ごとに教室担当教員の先生から最優秀・優秀報告賞が表彰され
当ゼミはA教室の優秀報告賞とB教室の最優秀報告賞をいただきました!

<別所・濱秋ゼミとのインゼミ>
11/26に慶応経済の別所ゼミ、法政大学濱秋ゼミとのインターゼミナールを行いました。
インゼミは予め他のゼミの論文を読んでの発表会という形式で行われ、
当ゼミからは三田祭論文の発表を行いました。
他のゼミの論文を読んで質問したり、質問・意見をいただいたりと、とても良い刺激になりました。

ページの上部へ